COLUMN

藤井誠のゴルフコラム

2020/09/19

チャレンジレポートvol.10 「ティーチングプロシニア選手権大会予選(パート2)」

2020年9月15日 ロックヒルゴルフクラブ レイクコース

8時20分スタート

#1 517Y PAR5

日本プロの予選に出たことがある。高橋完プロにキャディまでやってもらった。そのときプレーしたのと同じコース。しかしシニア用に多少距離は短くなっている。

練習ラウンドで完プロにアドバイスを受けた、偉そうに立ってアドレス。振る!飛んでないが右サイドのフェアウエイ。22度のUTでセカンド。SWで80Yの3打目。まっすぐいい感じ、手前2mにピタリ。弱くて入らずPAR。

#2 184Y PAR3

カラダは元気な感じがする。これが後半も続けばいいが。ピンまで170Y、6番で、、、いい球だった。手前のカラー。パターで寄せてPAR。出足として上出来かな。いつもドタバタになる癖あったからな。

#3 361Y PAR4

ドライバーでスライス。フェアウエイの真ん中。PWでセカンド。フェードさせようとしたが逆に少しひっかける。しかしまあ、ピンハイ。2パットのPAR。

#4 387Y PAR4

ドライバーで気持ち良くフェード。9番アイアンで落ち着いてとてもうまく打てた。ピンにまっすぐ。しかし思ったよりもショートしてる!かなり長いパット。何を考えたのかファーストパットをダフる、、、3パットのBOGGIE。

自分にリミッターをかけてはいけないのに。

#5 414Y PAR4

セカンド右ラフから7番アイアン。つま先上がり。中途半端な気持ち少しあり、ダフる。ショートしてSWの寄せ。うまく打てたが、ピン奥2mに止まる。下りのパット、、、舐めるが入らずBOGGIE。

スタートするときに競技委員からコロナ対策でキャディはクラブ運ばないし、ボール拭かないから、自分でよろしくと言われた、、、しかし付いてくれたおじさんキャディの挙動がどうもおかしい。カートの止めかたや、クラブを触ろうとするし、、、。

「自分でやるので、触らないでください」と伝えた。怒ってはいけない、、、損するだけ。YOGAの呼吸で鎮めようとするが、血圧下がるまでもう少し時間かかるかな。

#6 396Y PAR4

ドライバーで左ギリギリ。おいおいやばいよ、左池。セカンド、8番アイアンでちょいインパクト力が入りグリーン左へ外す。60度のSWでうまく打ったのだが、それほど寄らず、、、ん?最後少し上りだったか?パター、、、スライスライン、まったく落ち着かずちゃんと打てず入らずBPGGIE。下手だ。

#7 173Y PAR3

風がフォローと思って6番で打とうか、、、などと思った。前に打ったプレーヤーがUTで打った。あれ?風逆?5番アイアンに持ち替えて打つ。自信を持って打ったわけではないが、うまく飛んでくれた。ピン横かたと思いきや、行ってみたら12mのロングパット。先に打った彼と同じ場所。彼が先にパット、、、ピタリ。私の番、、、揺れる心、揺れるヘッド、、、、2mショート。冗談じゃないぞ、、、ここで心入れ替え根性でねじ込みPAR。

#8 522Y PAR5

ドライバーがおかしくなってきた。セカンドはUT22度でとんでもない中途半端なショット。刻むつもりでハーフショットみたいに。まったくコース攻略等無視している。危なく左の池。ぎりぎり。PWでおさえるも届かず、、、SWで寄せきれず、、、1.2mのスライスラインを決めてPAR。パターの手元は落ち着いてきた。

#9 381Y PAR4

ドライバーを打つとき、、、テークバックしたときに、あれ、自分は右向いているのでは?と、、、そのままスイングしたら案の定左にまっすぐ。木に当たったみたいで、残り200Y、、、グリーン左池なので、6番アイアンで刻む。またラフからストレスなくSW、、、しかし入らずのBOGGIE。

#10 381Y PAR4

なぜか練習ラウンドから3Woodで打つを決めて右からドローを狙うも、言うことを聞いてくれずヘッドはとんでもない入り方をしてポヨヨーーンと左のバンカーへ。しかもアゴ近く。PWで打つのがやっと。120Yの3打目同じPWで打ちピン左奥1.5mにピタリ。しかし入らずBOGGIE。

#11 527Y PAR5

ドライバーが右にすっぽ抜けた。え???暫定球は左にへなちょこボール。最初のボールあわやロスト、、、運よくラフにあった。5番アイアンでセカンドはうまく打てた。左ラフから9番アイアンで3打目、右サイドに乗り10mを2パットでなんとかPAR。

#12 353Y PAR4

このホール好きだな。カート道路の左に大きなブッシュがあり、それをターゲットにフェード!久しぶりにうまく打てた。セカンドはラフから9番アイアン、フライヤーせず左手前。パターで入りそうになったがPAR。

#13 175Y PAR3

番手よくわからないまま6番アイアンを手にしてアドレス。逃げてましたね、、、最初から。構えたときにほんのすこーーーしフェース左に向いているのわかっていてスイング。当然左に。グリーン外れてラフに少し触れるくらい。上からカツン!ってやるしかなく、、、慌てていなければSWでカツンが良かったのだが、パターでやった。4mオーバー。入らずBOGGIE。

#14 423Y PAR4

ビビッていたね。積極的な気持ちゼロ。ドライバーひっかける。運よく出てきて残り225Y。UT3で手前に置くという気持ちで。(作ったばかりのUTがまだ慣れていない感じなのだ)右からのマウンドを見極めてアプローチ。うまく打てた。入れてPAR。

#15 140Y PAR3

ダサイ!立てなかった。狙うことができなかった。8番でフェード、、、ああ、カラダと心が疲れてリンクしない。歳だなと感じる。右のバンカーに。馬鹿だな、あとでわかったのだが、60度を使って打ったつもりだったが、砂がヘッドに付いていたのは54度のサンド。だから変な出方をしたのだ。ピン右奥に飛んでしまった。4m、大きく曲がるフックライン。使っているパターがどうも引っ掛ける傾向があったので、気を付けて打つ。最高のパッティング。PAR。

#16 323Y PAR4

そうそう、私はここで祈ったのだよ、、、頼むから残り3ホール、ドライバーがある程度ちゃんと打てるようにと、、、。疲れてくるととんでもないところにドライバーが行くことがある。それで最後の3ホールでボロボロになることがあった。

ギリギリ、、、どうしようもない低いスライス。最悪。セカンドは100Yくらい、、、しかしディボットの入り口、、、。PWでパンチ気味に打つ。左奥からパター、、、入りそうだったがPAR。

#17 420Y PAR4

お願いだ。なんとか振らせてくれ、、、って気持ちでドライバーを打つ。ほんとうにそんな感じ。ひどいものだ。何が悪くなっているのかわからないので、怖い。弱々しいスライスで右へ。出島になっているようなところにいき池に入らず助かる。しかしすっぽり入ったラフ、、、。200Yくらいか。UT4でスライスを打つ、、、。素振りでラフの中にヘッドを入れてみる。本番、、、ド天ぷら、、、一瞬右の林か?と思った、、、フェアウエイに残り70Y。SWで狙うも左奥に。同じようなところから8mくらいを同伴競技者がバーディ。良くグリーンを読んでいる。あやかろうと同じラインを打つもおしくも入らずBOGGIE。

#18 501Y PAR5

ドライバーまったく飛ばない。スライス系。手先だけになっているかも。200Yくらいか?一緒にラウンドしている77歳の小川清二さんよりも20Y後ろ、、、。セカンドの3Woodは最高のショットを打てた。ど真ん中、大きなバンカーの後ろ。残り75Y。SW、落ち着いて打てず、スイング速くなってしまう、、、思ったよりも飛んでピン奥。傾斜で少し戻ってくれた。下りの3m。なんとか自分なりにグリーンを一生懸命読んでみた。ギリギリ右淵から入ってBIRDIE。疲れをとらないといかん!腰回りが固まって動かない。

HOLE123456789OUT
PAR53444435436
SCORE40

HOLE101112131415161718IN
PAR45434344536
SCORE38