COLUMN

藤井誠のゴルフコラム

2019/01/10

チャレンジレポートvol.2「2019 PGAシニアツアー1次予選会(パート1)」

藤井誠プロが「プロトーナメント優勝」の目標にチャレンジ!
出場した大会のレポートを報告するコーナーです。

期日:2018.12.13・14
大会名:2019 PGAシニアツアー1次予選会
会場:JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部
結果:58位(78/80/158)

2018年12月13日(木) 大会初日

大会当日の朝

寒いことは分かっていた。渋滞の予想もあったので、昨晩は早く寝て5時半起床。
6時、まだ暗いうちにホテルを出る。昨日の大渋滞道を避けて、風車通りでコースを目指す。

6時半、JFE瀬戸内海GCに到着。6時50分会場なので、車の中でゆっくり待つ。
オープンと同時にチェックインし、ロッカールームに入る前にレストランで朝食。
なかなかいいペースだ。スタート1時間半くらい前から動き出すのがいい。

練習場は芝から打たせてもらえて気持ちいいが、ショットはまちまち。いつものアドレスをして、左足を1㎝後ろに引いてややオープンに。ここから右足かかとを上げずにスイング。体が動きにくい冬場は、温まるまでこれでいい。いい感じだ。
心配なのはパター。グリーンのどこからでも速く、確信を持ってラインが読めないのが辛い。
同伴競技者に関心を持つ必要なし。無理に話しかけたり、話を合わせることはない。自分の世界でゴルフをしよう。

初日18ホールの回想

9:10 インスタート

[10番/432Yパー4/4(1パット)]
ティショットのロケーションは、今までのどのコースより打ちやすい。ありがたい。少し左足下がりかなと思いながら打ったボールは、左にドンとまっすぐ飛んでいく。まずまずだろう。
セカンドはプリファードライのため、いい場所を選んでリプレース。左足下がりのラフからPWで打ったボールはピン方向に。ナイスオンと思ったが、グリーンの低いところからこぼれていた。ラインも速さも分からないまま打ったパットは、やっぱりショート。しかし、落ち着いて沈めてパー。

[11番/605Yパー5/5(2パット)]
ティショットのドライバーは少し右に出たが問題なし、余裕あり。しかし、セカンドの3Wがいけなかった。ちょっとダフリ気味の天プラで、120Yくらい残す。なぜかしらグリーンを意識しすぎている感じ。9Iの80%で打った第3打は、ピン右手前で止まりフックラインを残す。入れたい気持ちが抑えられず、その分強く打ち出してカップをオーバー。バカだ。返しのスライスラインを丁寧に入れてパー。

[12番/445Yパー4/4(1パット)]
ドライバーは気持ちよく打てたのに、セカンド地点からピンまで189Y。イメージ以上に長い。28度の5UTでしっかり打ってグリーンを狙うも、グリーン左にこぼれる。SWのリスクを避け、PWで短く方向を出すだけのアプローチ。これがコロコロと転がってOKについた。冬場の試合のアプローチは、PWがいいのだろうな。

[13番/458Yパー4/4(1パット)]
3Wで打ったティショットはよかったが、9Iのセカンドでミス。ヒッカケて左のガードバンカーに。それでも、バンカーショットがうまく軸をキープしたまま、くるっと回って打てた。1・5mのパットを冷静に沈めてパー。

[14番/242Yパー3/4(2パット)]
ぴったり6Iの距離なのに、自信を持って打ったボールはグリーン右に。アドレスが悪いのだろ。ピンに向かって速いのを分かっていながら、SWで打ったアプローチが止まらず4mオーバー。このグリーンでSWアプローチも無理だし、返しの4mパットも無理でボギー。PWで安全に寄せるべきだった。

[15番/391Yパー4/4(2パット)]
ティショットは3Wだったと思う。セカンドもうまく打てたと思うのだが、あまり記憶にない。おっかなびっくりゴルフして、スコアはパー。ボギーたたいた次のホールの記憶がないってどういうことだ?

[16番/207Yパー3/4(3パット)]
7Iのフェイスを被せ気味に、右からドローで風にぶつけるショット。軸がブレず、頭も動かず、ビシッと当たったボールはピン右手前にオン。
しかし、グリーンが速いことを承知していながら、簡単にカツンと強く打ってしまった! 最悪! 返しのパットも入らずボギー。「バーディパットを入れれば終わり」と、高速グリーンで強めに打つのは攻めではない。バカなゴルファーの判断ミスだ!

[17番/445Yパー4/4(1パット)]
あまり印象はないが、気持ちよくプレーできたみたいでパー。

[18番/552Yパー5/6(2パット)]
このボギーはダメ。ティショットのドライバーはまずまず、セカンドの5Wも左足下がりのライからうまく打てた。残り75Yの第3打から凡ミスの連続。
何をビビッているのか、アプローチはダフって大きなマウンド左にかろうじて乗っただけ。さらに、状況はよくなくてもパーオンしているのだから2パット狙いでいけばいいものを、バカみたいに高速グリーンを意識して3パットのボギー。

HOLE
101112131415161718IN
SCORE39

<< つづく >>